外注ライター募集をやめてしまうクライアントが多い理由

外注ライターを募集している会社は多いです。特にWEBサービスを行っている業者については、ライターを募集してどんどんと記事を書いてもらいたい、と思っているもの、
しかし、外注系のライター募集をやめてしまうクライアントが多いんです。

こちらでは、なぜ外注ライター募集を途中でやめてしまうのか、ということについてお話しますね。

●コピペ率が高い

・楽に仕事をしようとするライターが多い

クライアント側として最も頭を悩ませているのが、コピペの存在なんです。ネット上の文章をコピーして貼り付けているだけの記事があることも事実
中には、語尾だけに変化を加えているような悪質な記事もあるんです。

コピペした記事は検索システムに弾かれてしまう傾向があり、掲載してしまうと大きな問題に発展します。検索システムにひかからなければ、サイトとして稼ぎにならないわけです。

コピペ記事に関しては、最近では簡単にチェックできるようになりました。チェックツールがあるのです。そちらを利用して定期的にチェックしているクライアントも多いのですが、なかなかコピペ記事は減らないのが現状なんです。

●小学生のような文章ばかり

・文章力が低いライターが多い

せっかく記事を依頼したとしても、文章力が低すぎるライターが多いのも事実です。そのような文章では、読者を引き付けられない、と感じさせるようなものが多く、クライアント側は頭を悩ませています。
もちろん小説家のような文章力は必要ない、とは考えているのですが、読ませるものとしてはよくないようなものも多くなっているんです。

文章力の低いライターの傾向としては、文の末尾に問題があります。例えば「ですよ。」と何度も繰り返してしまうようなものは論外。

誤字脱字が多いのも問題ですが、それよりも問題なのが稚拙な文章。内容が悪い文章では読者は信頼ができないと思ってそのページから去ってしまうもの。そうなってしまわない程度の最低限の文章力を持ったライターをクライアント側は求めているわけです。

●報酬がマッチングしない

・クライアント側・・・少しでも安くすませたい
・ライター側・・・少しでも多く報酬は貰いたい

募集はしたけどライターと報酬額の折り合いがつかなかった、といったケースが極めて多くなっているのです。クライアント側は1文字あたり0.5円で募集したいけど、ライター側は1文字あたり1.0円で仕事をしたい、と思っているケースも。

報酬がマッチングしないので、結果的にライター募集を取り下げる、ということも多いのです。

未経験だけどライター募集って稼げるの?

ライターとしての活動は未経験だけど、参加をしてみたい、と思っている方はかなり多いのではありませんか。家に居ながらにして仕事ができる、といったメリットもありますよね。そもそもパソコン一つあれば出来る仕事です。

しかし、そんなに単純なものではありません。
今回は未経験のライター募集とはどういったものなのか、といったことを詳しくお話します。

●そもそも未経験のライターの仕事ってあるの?

・未経験でも可能な仕事は多い

その分野の記事を書いた経験がなかったとしても参加できるタイプの仕事は比較的多いです。ですから、安心してください。未経験だからと言って、ライターの仕事が全くない、といった状態にはならないわけです。

しかし、未経験のライターの仕事には大きな問題があることも事実です。

●未経験OKの仕事は報酬が低めに設定されている

・1文字あたり0.2円ということも・・・

ライターとして仕事をしていくことで重要になってくるのが報酬。報酬が低ければ、やはり生活も苦しくなってしまいますよね。
未経験OKのライターの仕事ですが、どうしても報酬が低めに設定されているのです。1文字あたり0.5円以下になることもあります。中には0.2円になってしまうことも。

例えば、1,000文字案件でも、報酬が200円になってしまうこともあるわけです。

ライターとして生活していくためには、1文字あたり1.0円から1.2円は最低でも欲しいところですよね。

仮に1文字あたり0.2円で仕事をしていくとなると、1日あたり5,000円稼ぐのに25,000文字も欠かなければなりません。

1時間で2,000文字を記載できたとしても、時給は400円ですよ。これなら、外に働きに出てしまったほうが効率的ですよね。

では、どうすれば報酬がアップするのでしょうか?

●報酬をアップさせるコツ

・スキルを磨くこと

知識を身につけるというわけではありません。ライターとして専門分野外の仕事をする、ということは往々にしてあるわけです。そこで大きな問題になってくるのが文章力。
要は、文章力のスキルを磨くことが大事なのです。
文章のスキルが高いと判断されれば報酬をアップしてもらえる可能性も随分と高まります。

文章力を高めるのは一朝一夕には行きません。まずは、報酬の低いお仕事でも良いので始めましょう。書いていくうちに自然に身についていくこともあります。

ちなみに、文章に説得力を持たせるために数字を記載する、というものがおすすめです。また、読みやすいように箇条書きを入れる、ということも忘れないで下さいね。

在宅のライター募集と稼ぐためのポイント

近年注目されているのが在宅ライターの仕事です。実際に仕事をしている方も多くなっているのですが、そもそもライター募集自体が増えているんです。

しかし、在宅ライターの仕事で食べていけるかは別問題です。中には、ほとんど稼げないので、転職した、というかたも・・・。ライターの世界も厳しいんです。

今回は在宅ライターとして稼ぐためにはどうしたらいいのか、ということをお話させてもらいますね。

●最初は選り好みするな!

・仕事を沢山こなすこと

自分の得意分野を見つけて、良いクライアントを探す、ということが極めて重要になります。最初から仕事を選り好んでしまえば、なかなか仕事にありつけない状態になってしまいます。さらに、実績を積む、ということも大事です。実績が高まれば自然と仕事が舞い込んでくることになるわけです。

もちろん、自信のないテーマもあるでしょう。しかし、勉強しながら書く、ということも大事です。苦労した経験があなたを成長させてくれます。

最初の2ヶ月程度は報酬度外視で仕事をしてみる、ということを考えてみましょう。得意分野ではない記事だと、1,000文字案件でも2時間や3時間かかってしまうこともあります。専門分野外であれば仕方がないことですが、1回書くとそれなりの知識がつきます。さらに2回や3回と書いていくと、ある程度スラスラと書けるようになるのも事実。

経験によって苦手分野がなくなる、ということもあるのです。

●スキルをクライアントに認めさせること

この人に任せたら良い記事を書いてもらえる。と思わせたら勝ちです。優秀な人材は、なんとか確保したい、とクライアント側も思うもの。問題はどのようにしてそのような記事を仕上げるのか、ということですよね。

近年、ライター業では記事の信憑性、というものが話題になっています。嘘の情報を信じて記載してしまっているライターもすくなくありません。
記事を書く時は、正確なソースを大事にしましょう個人ブログの情報ではなく、例えば、新聞社の記事を引用したり、といったことが大事なのです。

そういった情報元を明らかにできる、というものも大事な記事を書くスキルです。

●経験を積んだから高報酬の記事にチャレンジ

同じクライアントと仕事を続けても報酬はいつか限界が来ます。そこで、スキルが付いたと思ったら、報酬が高いクライアントの仕事にチャレンジする、ということをすべきなんです。

ずっと同じクライアントと仕事をし続ける必要はありません。どんどん高度な仕事も請け負うようにしましょう。報酬がアップする近道です。

ライター募集しているWEBサイトはどこだ?

ライターとして仕事をしたい場合には、、まずは仕事を探す、とったことをしなければなりません。そこで注目すべきなのがライター募集をしているWEBサイトです。実は、ライターの募集は基本的にインターネットで実施されています。
求人情報誌などにおかれていることもありますよね。しかし、それらにはライターの仕事に関する情報は基本的に多くありません。ほとんどない、と言っても過言ではないわけです。

今回はライター募集しているWEBサイトを幾つか紹介します。ライターとして仕事をしたいけど、どこで探したらいいのかわからない、という方は必見ですよ。

●ライターを募集しているWEBサイトまとめ

・ランサーズ・・・オールジャンル
・クラウドワークス・・・オールジャンル
・PENYA・・・オールジャンル
・フリーランスWebディレクターの仕事術・・・Web系
・シネマズby松竹・・・映画
・スナップミー・・・ファッション・美容
・スナップミー・・・ファッション・美容
・ViRATES・・・エンタメ系
・KAI-YOU.net・・・エンタメ系
・チケットキャンプ・・・エンタメ系
・@人事・・・人事向けメディア
・エンタメNEXT・・・アイドル・芸能関係
・UX MILK・・・クリエイター向けUXメディア
・北海道ファンマガジン・・・ローカルメディア
・noma・・・厚木・海老名ローカルメディア
・ねとらぼ・・・ニュース系
・Clipbox Topics・・・アプリレビュー
・Conobie・・・コノビー
・studio9・・・写真・カメラ系
・Petpedia・・・ペット・動物系
・カレントライフ・・・自動車系
・ニューアキンドセンター・・・EC関連
・株式会社デジタルクエスト・・・女性メディア
・favy・・・グルメ

上記したように、様々なWEBサイトで募集されています、注目してほしいのが、それぞれのサイトの分野です。その分野の記事が求められることになるので、特定の分野に対する知識をしっかりと持っているのか、ということが極めて重要になってくるわけ

チャレンジするのは良いのですが、高い質を求めているクライアントもいることは確かなので、やはりなるべく自身の得意分野に合致するところを選択する、ということが重要になってくるのです。

例えば、エンタメ系に興味があるのであれば、エンタメ系の仕事に応募しましょう。グルメが好きなら、グルメ系の仕事に応募する、ということが重要なのです。

ちなみに、オールジャンル系のサイトであれば、様々なテーマの記事を募集しているので、比較的参加しやすいですよ。

経験者のみのライター募集をしているWEBサイトとは?

未経験のライター募集をしているWEBサイトもいくつかあるわけです。しかし、やりがいあふれるハイレベルな仕事に参加してみたい、というかたも多いのではありませんか。
そんな方は、経験者のみを募集しているWEBサイトを利用しましょう。

経験者のみを募集しているところであれば、実は報酬がかなり有利に設定されている、ということも実際に多いわけです。高額な仕事にチャレンジしたい、という方も必見ですよ。

●ティーンアンドアール・サポート

ライディング未経験の方も募集はしているのですが、経験がある方とない方では募集している仕事の内容に違いがあるんです。

ライティング未経験者の方に関しては、原稿の作成補助や現行の入力がメインの仕事となっています。
ライティング経験者の方に関しては、サイトのページ構成を考える仕事をできる、といった特徴があるわけです。もちろん、経験者の方が良い条件で募集しています。

ティーンアンドアール・サポートに関しては、基本的に医療系の記事がかけるライターを募集しています。例えば、歯科衛生士の資格を持っている、という方はかなり優遇されるシステムを採用しているのです。

アルバイト給与に関しては、

・経験者・・・時給1,300円から
・未経験者・・・時給1,000円から

となっています。
ちなみに在宅勤務も出来るのですが、在宅勤務に関しては経験者のみの対応となっています。未経験者は在宅勤務が出来ません。

社員給与に関しては、

・経験者・・・月に24万円から
・未経験者・・・月に20万円から

となっています。

●プロライターキャッチ

サイトに登録することでお仕事がもらえる、といった特徴を持っています。ただし、スキルのあるライターしか活躍できない、といった厳しい面も持ち合わせています。

編集者も募集しているのですが、その編集者に関しては経験が必須、となっているのです。編集にはそれなりのスキルが必要です。文章を書く能力だけではなく、記事の構成などを設定しなければなりません。

ライターの報酬は、文字単価が1円保証となっており、比較的高額な仕事に参加できる、といったメリットがあります。

ちなみに2016円12月現在で、

・金融ライター
・ITライター
・美容ライター
・人材転職ライター
・不動産ライター

を募集しています。それらが得意であり、スキルにも自信がある、という方は登録してみても良いかもしれません、

ちなみに、プロライターキャッチに参加するためには、試験に参加する必要があります。